アンテプリマのワイヤーバッグの為のお店。300色近くある豊富なカラーバリエーションがあり、光を受けてキラキラと輝く特徴的なバッグだ。バッグの並べ方の疎密をコントロールする事で空間がつくれないかと考えた。そこで壁面には密にバッグを並べ、並んだ姿全体が美しいカラーバーに見えるようにした。中央はバッグを天井から吊り、360度周りからみえるようなステージ状の空間にし、逆に疎の空間とした。ここでは商品だけではなく光でも抑揚をつけていこうと考えた。壁の色をモノトーンのグラデーションにしたことで、お店に入った瞬間から奥に進むにつれてだんだんと明度が変化し、周りが明るくなっていくように感じる。それはお店に入った時の高揚感とも重なる。天井にはステンレスメッシュを吊るし、空間全体がまるでワイヤーバッグに入っているような印象の空間とした。