オープンカウンターで接客する不動産オフィス
新しい不動産仲介ブランドのオフィス。若い顧客がターゲットであることから、従来の不動産 店舗と異なる斬新さとオリジナリティー、清潔感と活気のある店舗設計を求められた。このオ フィス自体がブランドイメージとなり、企業の考え方や姿勢を表すと考え設計を進めた。 空間の中央にオープンキッチンのようなカウンターを配置し、内側を執務スペース、外側を顧 客のためのスペースとした。執務スペースをオープンにすることで、空間を広く感じさせると ともに、スタッフと顧客との間に誠実で活気溢れる関係性が生まれると考えた。実際に使い初 めてみると、スタッフも顧客に声をかけやすくなるなど、働く側の意識にも変化があったという。